事前に調べて上手く利用

スーツの人

不動産を購入すると当然税金がかかってきます。事前に調べておくことで、これらを軽減することが可能です。必ずかかるものには印紙税・登録免許税・不動産取得税・消費税がありますが、条件によっては軽減される税金もあります。また贈与を受ける場合は、住宅取得等資金の非課税制度を上手く利用するといいでしょう。

さまざまな特例を利用する

女の人

不動産を購入する際の税金として課せられる不動産取得税は、それが居住用に利用される場合であれば、課税標準についての特例が適用されます。また税率についても、平成30年3月31日までは特例の税率となっています。

消費税が大きな負担となる

模型

不動産を購入する時には、建物に対しては原則として消費税がかかりますが、マイホームの購入で売主が個人の場合には、建物に対しても消費税がかかりません。税金がかかるケースとかからないケースについてあらかじめ調べておきましょう。

固定資産税がかかる

つみき

日割り計算が行われる

固定資産税と都市計画税は、1月1日時点での所有者に対して請求される税金です。しかし、不動産の購入では、固定資産税と都市計画税について日割り計算が行われて、購入者も一部を負担することが一般的です。これは法律による規定ではなく、不動産取引における慣例のようなものです。日割り計算の起算点は、関東では1月1日とするケースが多く、関西では4月1日とするケースが多いようですが、決まりがあるわけではなく、不動産会社によって異なります。固定資産税と都市計画税は前の所有者のところへ請求が行きますので、購入者は売主に対して支払うという形になります。不動産の購入時にかかる税金としては、その他に不動産取得税、印紙税、登録免許税、消費税があげられます。マイホームの場合には土地はもちろん、建物についても消費税はかかりませんが、仲介手数料に対しては消費税がかかることに注意が必要です。不動産取得税には軽減措置がありますので、数万円程度の負担ですむケースが多いです。印紙税、登録免許税についても、数万円の負担ですむケースが多いので、それほど気にする必要はありません。不動産購入時の税金は、それほどの負担ではなく、仲介手数料がコストとしては一番大きな負担となることが多いでしょう。新築物件ならば仲介手数料はかからないことが多いですが、住宅ローンでの借入額が大きくなる分、ローン諸費用が高額になる傾向があります。しかし、タイミングによっては固定資産税と都市計画税の負担も大きくなってしまうので、しっかりと税金について計算をしておきましょう。

Copyright © 2017 不動産投資のために物件を購入するなら【税金対策が大事】 All Rights Reserved.