事前に調べて上手く利用

スーツの人

贈与は計画的に行う

不動産を購入するという事は、当然それに税金もかかってきます。しかし消費税などと異なり、いつも支払っている税金ではないために、よく知らないで不動産を購入する人も多いはずです。事前に税金のことを知っておくことで、対策出来ることもあるのです。不動産を購入する場合は、様々な税金がかかります。一般的には、印紙税・登録免許税・不動産取得税・消費税、これらのものは取得する際に必ずかかってくる税金です。例えば印紙税ですが、売買契約書や住宅ローンの契約書を交わす際に必要になります。また、1千万を超えて5千万以下の場合は2万円の収入印紙が必要など、不動産価格に応じて印紙代も変わります。他にも登録免許税は、登記や抵当権設定などにかかる税です。通常は借入の0.4%がかかりますが、床面積に応じて0.1%に軽減される場合もあるので確認しておくといいでしょう。不動産取得税は固定資産税の評価額の3%が課されるものですが、床面積や敷地面積などによっては軽減措置があります。このように不動産購入の際に必ずかかってくる税金でも、条件が合えば軽減措置が利用できます。税務署等で確認しておくことで、恩恵を受けられる可能性があるのです。また、資金を両親などに援助してもらうことも多いでしょう。その際は贈与税がかかります。一定額以上の贈与を受けた場合は、贈与税がかかってきます。そこで、住宅取得等資金の非課税制度を利用することで、贈与税が免除となります。金額や仕組みは少し複雑になりますが、年間の贈与金額を110万円以下にして複数年にわたって贈与することが最も効果が高いと言えます。また、不動産購入の際の税金は、事前に計画をしておくことで利用できます。なので、一度相談してみるといいでしょう。

Copyright © 2017 不動産投資のために物件を購入するなら【税金対策が大事】 All Rights Reserved.